ピルをやめたら体にはどのような変化が起こるのか

笑顔の女性

低用量ピルについてのよくある誤解のひとつに、長期間服用していたりすると妊娠できない身体にコンディションが変化してしまうと言うものがあります。しかし服用中は一時的に排卵が抑制されているだけです。28日の生理周期にあわせて、最後の7日間の休薬器官に入ると消退出血が見られることからも明らかです。ただし通常の月経と異なり、出血量は少なく生理痛などのお不快な症状に遭遇することはありません。ピルを服用していない場合の正常な月経とは、異なる経過をたどることも、妊娠できなくなるとの心配の理由の一つになっているようです。低用量ピルの服用中も、子宮内膜は増殖しますが妊娠に必要なほどの厚みに成長することがありません。その影響で消退出血の量も少なく、子宮の収縮の程度も小さくなるので生理痛などの症状も消失するわけです。つまり低用量ピルの服用中も子宮や卵巣の機能は維持されており、妊娠を希望するときは服用をやめることができる訳です。
しかしながら服用をやめるといっても、注意点があります。無計画にやめるとホルモンバランスが乱れ生理周期にも影響を及ぼす可能性があるからです。それではどうような店に注意をはらうべきなのでしょうか。

ここでは前提の知識として、低用量ピルの服用をやめたときの身体の内部ではどのような変化が起こっているのかを確認しておきます。ピルにはエストロゲンとプロゲステロンの二種類の女性ホルモンが配合されています。エストロゲンは生理周期の初期から排卵日に向かって分泌量が増加していきます。これに対して排卵日以降の後期では、黄体ホルモンともよばれるプロゲステロンの分泌量が上昇していくことになるわけです。妊娠中は両方のホルモンの分泌量が増加した状態で、低用量ピルを服用している状況に酷似しています。妊娠中は出産がホルモンバランスの変調のきっかけになりますが低用量ピルでは、服用をやめるといきなり女性ホルモンの供給が中止するのでホルモンバランスが急変することになるのです。正常な月経周期に戻すには、シートの錠剤おすべて飲み切ることにあります。シートを飲み切ると消退出血が起こりますが、これは子宮内膜が剥がれ落ちることに伴う出欠で、基本的には月経による出血とメカニズムは同じです。経口避妊薬をやめるタイミングを、シートの錠剤を飲み切るタイミングに設定することで、次回の排卵日に向けて体内でエストロゲンの分泌量が増加するコンディションを整えるわけです。シートの錠剤の錠剤を飲み切るあとは休薬器官に入るので、女性ホルモンを一時的に停止することになります。やめるタイミングを休薬期間と同期することにより身体への激変を与えることを回避しながら、妊娠に向けて体調をと整えていくことも可能になるはずです。

低用量ピルを服用していても、妊娠を予定すれば服用を止めることが出来ます。ただしやめるときの注意点はシートを飲み切るときに合わせるのがポイントです、